良い結果、生まれてます!

患者さんからの信頼度が増してます!

医院経営増収!しています!

申し訳ありません ちょっぴり 仕事が増えてしまいます。


「初診しか受けてもらえない」「患者さんが増えない」「経営が安定しない」等、競争率の高い歯科経営は難しい状態です。
私たちは、成功している先生の意見と歯科不振を感じる患者さんの意見から治療提案書の重要性を強く感じました。
多くの先生は、治療提案書の重要性は認めてはいるものの「作成に時間がとれない」「スタッフから理解を得られない」 「どのように作れば良いか分からない」などの理由から、導入に踏み切れない状態だと伺っております。
そこで、多くの意見を頂き、簡単で短時間の操作で治療提案書が作成できるを開発をいたしました。
導入して頂いた医院様からは良い結果をご報告いただいております。

是非一度、貴重なお時間を頂き、ご説明させてください。

導入実績
A歯科医院 B歯科医院 C歯科医院
新患または高額治療の患者に活用。
2回目の来院時に今後の治療計画の見える化と意識の共有を図り、信頼を獲得!
新患またはインプラント・義歯・セラミック対象者に活用。
複数の提案を行い、信頼を獲得!
できるだけ多くの患者さんに活用するようにスタッフの方たちが尽力。
それに伴い自費治療率も右肩上がり。

導入してからの医院内の変化
  • 1回にかかる説明時間が短くなった。
  • 患者さんの予防に対する意識の向上。
  • 自費移行率の向上。
  • スタッフの診療にあたる姿勢(モチベーション)があがった。
  • セラミックの増加。
  • 自費インプラントの患者の増加。
  • 自費義歯の患者の増加。

患者さんからの反応
  • 家族に相談する時に(自費治療の)説明がしやすかった。
  • 何度も振り返れることで治療の意義が理解できた。
  • 自分の口の中の状態がわかることで、治療方針よくわかった。
  • 納得のいく説明だったので、満足のいく治療ができた。
  • 自分の口の中を初めて教えてもらって驚いた。
  • 自費治療の魅力が理解できた。
  • 治療費と治療内容それぞれの違いがわかりベストな選択ができた。

なぜ、良い結果が生まれているのか?
  1. 患者さんの治療への関心が高まる
    口腔内写真を組み込んだ現症リストを渡すことにより、患者さん自身が口腔内に関心を持つことができます。

  2. 治療方針が理解しやすく家族に相談しやすい
    治療計画を書面で渡すことにより患者さん自身が治療方法を理解しやすくなり選択することができます。 また、高額治療を家族と検討する時の材料となり、より良い治療の選択の手助けとなります。

  3. 患者さんの希望が聞きやすくなる
    患者さんが治療の希望を言うことは意外と難しいことです。
    患者さんに行ったアンケートでは、 「自費治療を望んでいたのに保険で治療されてしまった。」 「何かわからないうちに治療されてしまった。」などの不満があがっていました。
    患者さんの話を聞く、きっかけに使えます。

  4. スタッフのスキルアップ
    現症リストや治療計画を渡すことにより、患者さんからスタッフへの質問など触れる機会が多くなります。 スタッフ自身が患者さんに対応するために必要なスキルを認識しステップアップが見込めます。

  5. 口コミによる新患の増加
    良いスタッフのいる歯科医院は患者さんが進んで「かかりつけ医」として指定します。 患者さん良い歯科医院を紹介してくれます。 看板や広告など必要なくなります。



特許出願中
-歯科治療提案書生成ソフト-
患者さん歯科医院 を信頼でつなぎ成果をあげます。





   T.P.Professor なら

簡単・早い・相談できる!!



簡単な操作で治療の説明に必要な資料を短時間で作成できます。
患者さんに治療に関する資料を渡すことにより、 先生はもとより家族や知人と相談することもできます。
「短い時間で正確に伝える」ことは多くのメリットを生みます。


~ 操作のながれ ~

動作推奨環境

OS       Windows 10
CPU      Intel Core i5 以上
解像度      1280×768 以上
メモリ      8 GB 以上
ハードディスク  空き 2GB 以上

『お問合せ』はこちら


※下線(_)のある文字をクリックすると詳細を表示します。